もぎたてフルーツで、溢れる感動を。 一貫したワンストップ流通で、世界中の生産者のもとからお客様のもとへ、もぎたてフルーツをお届けします。

株式会社芋銀HOME > 芋銀について > 企業理念・経営理念

企業理念

フルーツを通じて新しい可能性を追求する

残念ながら世界の国々と比べても、日本人のフルーツの摂取量は決して多いとはいえません。
しかしその一方で日本のフルーツは世界でも評価が高く、品質の良い高級フルーツとして取引されています。

私たちはそんな質の高いフルーツを、もっと日本国内で気軽に味わっていただきたい。
そのためには、私たちが生産者様と消費者様の架け橋となって、フルーツやそこに込められた想いを、
しっかりお届けする役目を担っていく必要があります。

時代とともに変化する食生活やライフスタイルにも対応しながら、私たちはこれからもフルーツの可能性に
挑戦し続けていきます。


会社方針

鮮度を大切に美味しさの追求、もぎたてフルーツの安定供給を目指します。

美味しいフルーツを味わっていただくための絶対条件として、鮮度は欠かせません。しっかりと熟成したフルーツを、少しでも早く生産者様から消費者様の元に届けることは私たちの永遠の課題。

また年間を通して安定した品質や量を供給することで、フルーツの流通について安心してお任せいただける体制づくりにも努めていきます。


社訓

我々全てが豊かになるために、一品一品心して一にも二にも客の満足を考え、社会に貢献し会社をして自己形成の向上につとめなければならない

私たちの仕事は、生産者様やお取引様に対して、一度取引をして終わりの仕事ではありません。
例えば仲卸業務であればフルーツの種類によっては、毎日、商品を納めさせていただくことがあります。

もしそれが小さなお取引であったとしても、日々の積み重ねがお取引様やその向こうにいる消費者様との信頼関係になる。さらに安心して食べていただける美味しいフルーツを安定して供給することは、私たちにできる社会貢献でもあると考えています。

また、これらの活動を通して私たち一人ひとりが社会の一員でのあるとの自覚を持ち、自己の成長を目指していくことも大切にしています。