もぎたてフルーツで、溢れる感動を。 一貫したワンストップ流通で、世界中の生産者のもとからお客様のもとへ、もぎたてフルーツをお届けします。

株式会社芋銀HOME > 芋銀について > 芋銀の使命・ミッション

もっとフルーツを食べてもらいたい

「フルーツは好きですか?」と聞かれて、キライと答える人はほとんどいないと思います。
でも、「フルーツはよく食べますか?」と聞かれると、「はい」と答える人は大幅に減ってしまうでしょう。

日本では世界中の国と比べても、一人あたりのフルーツの摂取量が少ない国。フルーツが好きな人は多いはずなのに…なぜ?これは私たち売る側にも責任があると感じています。

これからの芋銀は、もっとたくさんの人が自然とフルーツを食べられるように、様々なアイデアを発信していきます。

生産者の想いを伝える

実は日本のフルーツは世界でもとても評価が高いものが多いのです。
その理由は、生産者の作り方にこだわりがあるから。
でも実は、生産者の皆さんはそれを“こだわり”だと思っている人はほとんどいません。

なぜならそれは、彼らにとっては“当たり前”のことだから。

私たちは、そんな生産者にその“こだわり”を強みだと認識してもらいながら、消費者にはどんな“こだわり”があるのかをしっかりと伝えていく必要があると考えています。

芋銀だからできること

そして私たちの最大の役目は、そんな生産者と消費者の架け橋になること。

例えば、フルーツの“でき”はその年の天候によっても左右されますので、毎年、同じものが食べられるとは限りません。
また青果物は工業製品とは違い、一つひとつに大きさや見た目が異なるという個性がある。

これらを整理して、常に一定の品質がある商品を供給し、またそのままでは青果物として売ることができないフルーツでも形を変えて食卓に届くようにする。

そうすることで、日本の食卓に常にフルーツがある状態をつくりたいと願っています。